忍者ブログ
山梨県身延町より、中野屋からあなたへ手作り品やライフワークの紹介です☆
   他のブログ
↓クリックして開けます。
ブログリンク掲載させていただき、
ありがとうございますm(_ _)m
   最新コメント
[01/15 中野屋]
[01/15 店員1♂]
[01/14 NONAME]
[01/14 中野屋]
[01/14 NONAME]
[01/09 原口]
[01/08 中野屋]
[01/08 原口]
[01/01 中野屋]
[12/31 原口]
   中野屋ファンの数
人!
ブログリニューアル前は11万7395人もの方にアクセス頂きました、ありがとうございます!
   プロフィール
HN:
中野屋さん
性別:
非公開
自己紹介:
ご連絡お待ちしております(^^)/
blog@nakano-ya.jp
   ブログ内検索
   P R
[1271] [1270] [1269] [1268] [1267] [1266] [1265] [1264] [1263] [1262] [1261]

 2019/12/10 (Tue)


隣のHさんちの田んぼ、稲刈り後、又稲の芽が出てきて穂も出ています
でももうお米にはならないですよね・・

もう一度今年中に耕運機で耕すらしいですが、春になってからの人もいます。
また来年( ^ω^)・・・

クーチャンの短歌 78
「 ことごとく地に伏す稲を刈りゆけば たちまち汗と泥にまみれぬ 」

お米を作るのも大変かと思います。やったことはありませんが
田植えの前には耕して水を入れて、田んぼに水が同じように回るようにして
苗を植えたら害虫と病気と水と雑草の管理して、実ると風で倒れないように祈り
刈り取ったら雨が降らないうちに脱穀して・・大切にいただかねば・・( ^ω^)・・・

鏡のようになった田んぼに空が雲が山が映り込み、すがすがしく
早苗の小さな葉が風になびき、日ごとすくすくと緑濃くなっていき、力強く
根元にはアメンボーやヤゴやツボ、カエルがメダカがあらわれて、なごみ
やがて黄金色の稲が実り、収穫の頃にはこころ豊かにさせてくれる秋の空がひろがり
そうやって一年が過ぎ・・ですね。



PR
この記事にコメントする
name:
title:
color:
mail:
URL:
comment:
password: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

★ ILLUSTRATION BY nyao
忍者ブログ [PR]